着物ボディーポップ
サイトマップ プライバシーポリシー
Strategy & System development 戦略立案からシステム構築まで 経営上の問題を解決するために最適な手段をご提案いたします
サービス案内

着物を着た時の美しい身のこなし


身のこなし、立ち居ふるまい……いずれもことばなくして、人に語りかけるもの。
歌舞伎の名女形、尾上梅幸丈は、素顔では偉丈夫とも言いたいほどの、すばらしい男性ですが、ひとたび役にふんして舞台に立てば、女の悲しみや喜びを、それこそからだじゅうで語りかけてくれます。
芸のきびしい目でとらえた、女の美しい身ごなしのポイントを、教えていただテクIIツクとして 女形が女以上に美しく見えるのは、女の心になりきることと、こまかい動作に心を配ることの二つがポイントかと思われます。
このことは女の人が美しくなるためにも通じるようです。
一つのテクニックとして身ごなしをおぼえて、最初はまねからはいっていっても、いつも心がけていれば、意識せず自然にそうなってくるものです。
その点、踊りやお茶のおけいこなどは洗練さ扮た動きが出てきて、たいへんよいと思います。
数多く着る 役者の間のことばに・、「ひむがゆるくなるといい役者になる」ということがあります。
数多く着るうちに着つけがうまくなって、ゆるぐしめでも着くずれしないようになる。
ゆるやかにまとっていることでいっそう女らしい情感も出る。
つまりは、修練を重ねて役者としてうまくなってきた、ということです。
同様に、きものも数を重ねて着るうちに、だんだんその人の身についてくるのです。
そうすれば、着ているはずも、きものをたのしんで着るゆとりが出てきます。
そうしたとき、・きもの姿はふくよかさとやさしみが自然にあらわれてきて、美しく見えてくるのです。
不要になった着物は着物買取専門店で売却しましょう。

最新情報
着物、帯、反物、着付け、買取
所在地
立つとき、すわるとき、いつもひざがしらとかかとをつけるよかにしましょう。何かとるとき、手をさしのべるとき、ふとたもとに手を添えることで、ぐっと女らしさがただよいます。電車のつり皮に手をやるときも同様に。えりの抜き方、帯の形などは、品のよJじあしがあらわれるきめ手ですかも注意を。すそはかかとにかかるくらいが、お色けある姿になります。歩くときは、内輪とまではゆかずとも、せめて足先をまっすぐに。外に向けて大またに歩くなど、いくら若い人でも慎みたいものです。持ち物にちょっと手を添えることで、、やさしさが出てきます
お問い合せはこちらから
ページトップ
Copyright(C) 2017 着物ボディーポップ All Rights Reserved.